インサイド・アウトの考え方


なにかを習得したり能力を伸ばしたいと考えた時に

「どうしたらそんなにうまくいくのですか?コツを教えてください」

と問う人が後を絶たない。

こういう人たちは、その考え方自体があまり有効でないことに気づいていない。

分かりやすく言うと...

いまの問題点を努力なしにパッと解決する方法をおしえてほしい

ということなのだ。

実際にこの要望に応える応急処置的な方法があったりするのだが

それでは根本的な解決には至らない。

骨折している人が「痛い」と言っていたから痛み止めを飲ませた

というようなものだ。

本来は骨の形状をもとに戻し、固定して、時間をかけて治療を続けるべきで

あることは誰もが分かっている。

表面の傷や急性の痛みは一時的に取り除くことが出来たとしても

遅かれ早かれ別の急性症状が現れることになる。

差し迫った問題に対症療法で誤魔化し続けているうちに、

原因となっている病巣は悪化し続けるばかりだ。

勉強をするときには、インサイド・アウトの考え方が必要になる。

内側を変えて、出てくる結果を変化させる。

割合や分数の基本的な考え方が分かってないのに、

『く・も・わの公式(?)』や『み・は・じの公式(?)』でバッチ処理をするのは

問題を先延ばしにしているだけである。


40回の閲覧
数理がダメなら、うちへ来い。 数理進学予備校イーズ つくばの塾ならE'z!数理に特化した塾、指導実績は5000名以上。難関理系大合格者多数

つくばの塾なら、数理進学予備校イーズ 竹園校

〒305-0032 茨城県つくば市竹園3-18-2

Tel:029-859-5509 Mail:info@e-z.jp

平日:8:30-22:00  土:11:00-22:00  日:休