トイレのフラッシュバルブの修理


2本連続で平凡な日常って記事だ。

さっき、トイレのフラッシュバルブが故障したとのことでちょいと分解して清掃した。


これだ。

上の管の☆ってのは元栓のことだろう。

故障の原因はフラッシュバルブの水が流れる細管のつまりか

ゴムパッキンのズレだと思う。


元栓と流量を調節するバルブを両方とも閉じてからフタをはずす。


フタはモンキーレンチでカンタンに外すことができる。


こんな感じでパカッとあけて、


フラッシュバルブの本体を取り出す。

指で取り出すのが難しかったら、ラジオペンチを使おう。


見たところ壊れている部分はなさそう。よかった。

掃除するのは①の穴。

そしてキレイに②のパッキンを組みなおす。


①の穴はこの針金で、詰まりを取り除く。


組みなおして、水を流してみると、きちんと流れて止まる。

ちょっと流量が弱いので、流量調節をしておきます。


ミッションコンプリートです。

#フラッシュバルブ #小便器 #修理 #DIY

0回の閲覧