茨城県立高校合格者の決め方 A群とB群

内申書と入試の点数を別々に順位付けして、学力検査が募集人員の上位80%に入っていて、かつ内申書点が募集人数の100%以内にいる生徒をまず合格とする。

残りの枠については内申書点・入試の点数重視のどちらかの方法で決める。上位高校については内申書点:入試の点数=20:80がほとんど。

例えば募集の定員が320人の高校に応募が400人あった場合。

【A群】

・①入試の成績が定員の80%までの256人を選ぶ

・②内申書の点が定員の100%までの320人を選ぶ

・①と②の両方に属している人はA群として合格となる

【B群】

A群の合格人数が220人だった場合、残りの100人からB群合格を選ぶ

入試の成績:内申書点=80:20の場合は、80人を入試の点数から合格を決め、20人を内申書点から決める。

ちょっと分かりにくいかもしれませんね・・・

​後ほど動画にしますね!